Hanazume Kutani Ware | Japanese Kutani Store

Hanazume Kutani Ware

「ハナズメ」は、明治時代の終わりからタイショ時代まで作られたクタニのパターンであり、名前が示すように、それは四季の花が小さな空間にあるかのように慎重にレイアウトされるパターンです。

シロ・ミズタは、1913年にカナザワでこの漢字スタイルを紹介しました。

名前が示すように、パターンは、最小のスペースでも慎重にレイアウトされているかのように、四季の花を描いています。このパターンは、菊や牡丹の目を引く大きな花から、きれいな梅の花と小さな花まで、ゆうしの着物を思い起こさせる豪華さでいっぱいで、海外の人々の間でも最も美しい日本のデザインの1つとして非常に人気があります。

 


11 製品

11 製品